クレジットカードを使って楽しい人生を

TOP

クレジットカードの現金化で人生を豊かにしましょう。

クレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査基準が気になっている方はとても多いのではないでしょうか。一体どのような基準でクレジットカードの審査が決められているのか。これに関しては多くの人が疑問に思っている部分かと思いますが、クレジットカードの審査基準は経済力を含めた総合的な返済能力です。お金を借りて返す。これでワンセットになりますので、返済能力が大切なのです。自営業やフリーランスが不利とされているのはそのためです。なぜなら、収入が安定していないので返済力が左右されるのです。その点倒産リスクが低い大企業、あるいはそもそも倒産リスクのない公務員は返済能力が一定と評価されますので、審査に通りやすいのです。また、既婚者か独身かによっても使えるお金が変わってきますので、審査基準は異なるのです。これらをトータルで考査されますので、単純に額面だけで判断されるものではないとだけは覚えておいた方が良いでしょう。案外知られていない部分です。

クレジットカードは海外でも使えます

クレジットカードには様々なブランドがありますが海外で使えるタイプの物もありますので、頻繁に海外旅行を楽しむ人はクレジットカードは海外でも使える物を選んでおいた方が間違いはないでしょう。むしろ海外ではクレジットカードに頼っていた方が良いのです。日本程治安の良い国はそうそうありません。日本ではまず大丈夫だろうと思うようなことが海外ではリスクになるケースも珍しくありません。そのため、盗難も多いのです。現金の場合、盗難されてしまったら戻ってくる確率はほとんどないでしょう。ですがクレジットカードであれば使用を止めてもらえばリスクはありません。つまり海外で使えるクレジットカードを複数持って行けば、ほとんどリスクがなくなるのです。海外で使ったからといって特別な手続きが必要なものではありません。誰もが自由に使えますので、海外旅行や海外に出かけることが多い人は海外でも使えるクレジットカードを選んでおいた方が無難なのdす。

クレジットカードの審査で求められるもの

クレジットカードに入会するためには審査に通過しなければなりませんが、クレジットカードの審査とはどのような点が求められるのかというと、経済力だけではなく、経済力を含めた総合的な指標です。経済力だけだと思っている人がとても多いのですが、額面よりもむしろ信販会社が判断するのは継続性です。自由業、あるいはフリーランスの査定が低いのはそのためです。一か月単位で見れば額面が良い時もあるかもしれませんが、総合的にみると安定感に欠けます。信販会社としても「今月はあまり収入がなかったので返せません」では困るのです。そのため、クレジットカードの審査の際には収入だけではなく、継続性や安定感、更には可処分所得など様々な点がチェックされるのです。大企業や公務員で高収入であればよりハイランクなクレジットカードの審査にも通過出来るでしょう。ですが自営業やフリーランスの場合、継続性という点でどうしても審査に通りにくくなってしまうのです。
お札を持っている人

フリーエリア

カテゴリー