プラセンタ注射はこんなに凄い!!『PAMAZING』

TOP

当サイトについて

シミやくすみ、カサツキや肌荒れなどのお肌トラブル悩まれている方はいませんか。そんな方にプラセンタ注射をオススメしたいです。お肌トラブルの解決する上に、更年期障害や生理不順からのイライラや家庭や仕事での疲れもプラセンタの力で軽減する可能性が高いです。女性特有の悩みや年齢を重ねることで発生する症状をプラセンタによって解消して欲しく、プラセンタの凄さを紹介していきたいと思います。気になる方は、「プラセンタ注射はこんなに凄い!!『PFRESH』」を一読することをオススメします。皆でプラセンタ注射の凄さを実感しましょう。


プラセンタ 注射

プラセンタでわかる効果

プラセンタ注射を打つと、効果はすぐに表れます。日常生活をしていて、あれ?これがプラセンタ効果か。と感じることがあるでしょう。ではどういったことで「効いている」とわかるのでしょうか。参考にしてみてください。効果は2つ。肌がきれいになった、白くなった、シミが減った、髪の毛がサラサラになった、など美容に関しての効果を感じることができるでしょう。もうひとつは、健康効果。たとえば、睡眠。朝スッキリ起きることができた、目覚まし時計をかけなくても自分で起きられた、など。睡眠はすぐに効果を感じることができます。そして、疲れなくなったり、新陳代謝がよくなる、生理痛が軽くなる、精神が安定する、更年期障害の軽減など。人により個人差はあるかもしれませんが、多くの体験者が、プラセンタによる体の変化を感じているのです。注射以外にも摂取をする方法はあります。注射による即効性を求めるのか、サプリメントなどでじっくり体内から変えていくのか、使い分けをすると良いですね。

プラセンタ注射で改善される症状は

「プラセンタ」は胎盤を意味します。赤ちゃんがお母さんのお腹の中で成長するためのものなので、「栄養の宝庫」とされており、そのプラセンタを注射することでさまざまな効果を発揮するといわれています。アンチエイジング効果だけでなく、更年期障害や肝機能障害、乳汁分泌不全も改善させることが期待できます。そのほかに、どんな効果があるのかを調べてみました。美容については、シミやしわ、たるみ、美白効果に効果があります。健康については、肩こりや腰痛、筋肉痛、関節痛、抗アレルギー効果、疲労回復など。女性にとっては生理痛、生理不順、冷え性にも効果的です。また不眠症やうつ病、自律神経失調症にも、プラセンタ注射は効果があります。また、プラセンタ注射は男性にもうれしい「発毛」効果もあるということがわかっています。髪の毛で悩んでいる男性には朗報ですね。副作用もほとんどありませんので、安心して受けられそうです(※注射の場合)。

プラセンタ注射のリスク

美容効果、更年期障害などに用いられる「プラセンタ注射」。厚生労働省から認可されている治療法ですが、正しく利用しないと思わぬ副作用を被ることがあり得ます。まずは静脈への注射(点滴)はやめましょう。実験結果により、血圧の低下や呼吸困難、チアノーゼなどを引き起こしたケースがあるからです。実際厚生省からの認可は通っていません。またプラセンタ注射ではアレルギー反応も見受けられます。アレルギー体質やアトピーの人は医師に相談するようオススメします。そしてプラセンタ注射を受けると、当分の間献血はできません。そして輸血もできなくなります(受けることは可能)。美容目的であろうとも、赤十字での取り決めとなっていますので、注意しましょう。プラセンタを摂取する際はいろいろなリスクが伴いますので、しっかり情報を取り入れることが大事です。もし摂取をしたいのなら、サプリメントやドリンクを服用することも視野に入れたいですね。

プラセンタ注射はどこに打つ

プラセンタ注射は皮下や筋肉注射で投与します。副作用についてはほとんど起こることはないようですが、打ったところが赤くなったり腫れたりすることはあります。では実際、どこに打つのでしょうか。皮下注射は痛みの少ないお尻や肩、腕などに打ちます。美容目的のシミ、しわ取り、ニキビ改善などには顔に打ちます。皮下組織を通って血管へ出て吸収されていきます。すぐに実感できるというよりは、持続性に期待です。筋肉注射の場合は、お尻、肩、筋肉のあるところに打ちます。太めの針で刺しますので、痛みは強いです。薬剤の種類ラエンネックはプラセンタエキスの量が多いので、打ったあとずーんと重い感じを受けるようです。打った後もだるくなったりという症状は感じるかもしれません。効果はゆっくり表われ持続します。基本的にどこに打っても効果はありますが、持続性はそれぞれで、習慣的にプラセンタを打つために病院やクリニックに通う必要はありそうです。

更年期障害に効くプラセンタ注射

女性が一般的に50歳前後で閉経を向かえ、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減ることにより更年期の期間となります。エストロゲン分泌の低下は、体や健康に大きく影響し、動脈硬化や高脂血症などの病気が起こりやすくなります。更年期の症状は主に、突然汗をかいたり、のぼせたり頭痛、イライラ、動悸やめまい、鬱など自律神経の乱れにより起こります。症状は個人差があり、ほとんど感じないという人もいれば、日常生活に支障をきたすほどの重症、という人もいます。そんな更年期障害の治療に効くのが「プラセンタ注射」なのです。栄養が豊富で、体に摂り入れることによりホルモン分泌の調整をし、若返りの効果が期待できるということで注目されている成分です。プラセンタ注射は更年期障害の治療には保険が利きます。病院などで皮下・筋肉注射で行います。使用される注射薬は、ヒト由来のプラセンタ「メルスモン」で更年期治療薬として認められています。

フリーエリア

カテゴリー